シェアハウスを自主管理するのは大変な手間と労力がかかります。
蓄積したノウハウを基に最適な管理費用で管理代行いたします。

シェアハウスは通常の賃貸とは違い共用部があり管理が特殊で一定量のノウハウが必要です。
プレイズではシェアハウス管理業務で必要な業務をすべて対応させていただきます。

シェアハウス管理で
こんなお悩みありませんか?

運営しているシェアハウスがなかなか満室にならない…。
清掃をしてもらっているのに物件が汚い…。
長期的な提案をもらえなく運営に困っている。
管理費が高くて収支がよくならない。

低品質なシェアハウス管理が招く6つのリスクとは?

稼働率が上がらない

入居者の集客活動をし、稼働率をあげなければいけませんが、シェアハウス運営は通常の賃貸とは違い集客方法も特殊です。
普通に賃貸ができるからと言ってシェアハウス運営を委託するのはとても危険です。

物件が汚くなる

シェアハウスは共用部が有るためマンション管理では発生しない週一回以上の物件内清掃を実施します。
通常の場合外部委託をする会社がほとんどですが、入居者の所有物なども考慮していると不良な占有物が増え物件が汚くなります。

入居者間トラブルが起きる

物件が汚なくなったり、稼働率をあげることを優先したために属性の悪い入居者が賃料を下げたことで入居し、それがトラブルを発生させたりします。
入居者間トラブルは双方の意見をまとめることは出来ず問題が長期化します。

近隣クレームが発生する

ゴミの問題や、近隣とのすれ違いで近隣住民からのクレームが起きます。
些細なことであれば管理会社で対応は出来ますが、長期的な保有を考えている物件で発生してしまのはあまり良いことではありません。

家賃の未納が起きる

稼働率が悪くなったときに管理会社が考えるのは賃料を下げることです。
賃料を下げることで入居者を獲得出来ても安価で設定している入居者は属性が良いとは限りません。そのため家賃未納が発生し、最悪の場合強制退去まで長期化する場合もあります。

収益、利回りが悪くなる

低品質な管理を最初のタイミングから依頼してしまうとそこからうまく抜け出せないだけでなく、年間の収益も悪くなり、想定していた利回りがあげられないという結果になってしまいます。

プレイズは正しくシェアハウス管理をできるノウハウを持っています。


市場データを分析し、エリアの特性、
ターゲットの整理をしっかりおこないます。

稼働率をあげたいから賃料を安くする、入居者が居ないから外国の方も受け入れる。
基本的にはどれも正解です。ですが、シェアハウスはもう少し市場を分析したり、
ターゲットを整理し集客施策を変えるだけで稼働率を上げれたり、
賃料アップによる利回りの向上をさせることも出来ます。

他社に負けない集客力で90%以上の稼働率を維持

当社はシェアハウスポータルサイト「シェアシェア」のグループ会社です。
シェアハウス専門のポータルサイトを運営しており、
より良質な入居希望者を集めることが出来ています。

すべてを自社で完結するため
トラブルが起きづらい体制を構築しています

清掃などが外部対応になってしまうと入居者とのコミュニケーションが
どうしても煩雑になってしまいトラブルが発生する原因になります。
プレイズでは管理物件チェック、清掃対応など物件に関わる運用を自社完結しております。

正しく管理するから管理費用も
他社よりもお安くなっています

どうしてもシェアハウスの場合には突発的にかかるコストが通常賃貸とは違い、
発生するため管理会社はそれを見越し管理費用を高めに設定しています。
プレイズでは突発的にかかる変動コストは別予算にし、できる限り発生させず、
全体の管理費を落とすことを実現しています。
ぜひ他社と比べて見てください。