民泊は新しいフェーズに向かっています。
住宅宿泊事業法(民泊新法)に準拠し、
正しく運営し、高い稼働率を実現します。

プレイズは、民泊許可物件の賃貸業務、不動産管理、Airbnbでの運用(ホスト代行・管理)、インテリアコーディネート、清掃業務を自社にてワンストップで提供しております。民泊関連事業者の中ではワンルームなどの小さな物件を運用するというよりも10名以上の大人数の民泊管理の実績が多いです。
2018年6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施工後はマンスリーとシェアハウスを併用することで、不動産オーナーの大事な資産が守りながら家賃収益を最大化をご提案します。

プレイズの民泊・マンスリーサービスの業務領域

立地・ユーザー調査

物件を仕入れる前に民泊に適用可能かの検証、ユーザーニーズがあるかの検証、収益性が見込めるかの整理を実施の可能性を探ります。ここでメリットとデメリットをしっかり整理することがとても重要です。

収益物件の仕入れ、仲介

立地及びユーザー調査をしっかり行った後、物件のご紹介(仲介)を各オーナー様にさせていただきます。

企画プランニング、設計

民泊とマンスリーもしくはシェアハウスを併用することが必須なため、企画の段階からコンバートを考慮した作りにする必要があります。備品の配置や内装は企画からしっかり整理していきます。

工事・リノベーション

プレイズでは戸建て物件を民泊にすることが多く、民泊運営をしても耐えうるリノベーション・工事を心がけています。
ゆっくりくつろげる部屋、近隣の住民に迷惑がかからないよう各種配慮して工事をするようにしています。

インテリアコーディネート

民泊を熟知したスタッフが物件のインテリアコーディネートをおこないます。
宿泊人数やエリア条件に基づいて最適なご提案をさせていただきます。

家具・家電購入代行

プレイズではオーナー様の予算に合わせて新品で揃えるか、中古で揃えるかの2パターンを用意しております。
ただ、中古の場合には初期費用が落ちる分デメリットが生じる場合がありますので見極めながら代行対応いたします。

各民泊サイトの物件掲載

airbnbを始めとする各民泊ポータルサイトへの掲載を行います。掲載の前に完成した物件の撮影をし、ゲストが予約したくなるように丁寧に掲載させていただきます。

管理委託

管理業務はオーナー様の手を煩わせることなく民泊運営におけるすべての業務をプレイズで委託させていただきます。

我々は民泊系のポータルサイトだけでなく、ホテル系ポータルサイトでも集客を行い、稼働率を90%に保っています

民泊が合法になったことによりBooking.comなどを代表とするホテル系予約サイトへの掲載も可能となりました。我々は民泊系ポータルサイトで囲いきれなかった空室を補うようにホテル系サイトへの掲載もしております。

民泊以外はマンスリーマンションもしくはシェアハウスとして
運営し稼働を高めていきます。

民泊は180日しか運営出来ません。そのため年間を含めた稼働を高めるためには民泊運営以外の稼働が求められます。我々はマンスリーマンションの他にシェアハウスでの稼働も想定しております。そのため我々は民泊以外のサイト掲載をおこなっていきつつ、コンバートできる仕様で物件を運営していきます。

私たちの圧倒的強みは清掃を完全自社で運営していることです。
清掃を外部に依頼していては高い稼働は望ません。

民泊を高い稼働でキープするかはゲストとのコミュニケーションと毎回の清掃、そしてトラブル対応が重要なポイントになります。
清掃に関しては浅草と品川の2拠点で民泊専用の清掃事務所をオープン致しました。
チェックアウト後の清掃からゴミ回収、緊急時のトラブル対応など民泊では欠かせない業務をすべて自社で運営しております。
清掃を外部に依頼している代行業者はゲストからの細かい対応に答えることが出来なかったり、清掃クオリティが低下していったりします。この小さなほころびがゲストのレビューになり、稼働低下の要因になっていきます。

トラブル対応もプレイズにお任せください。
様々なトラブルを未然に防ぎ、迅速に解決する体制を整えております。

マナーが悪いゲストによる破損や紛失

外国人の方は日本のルールや習慣を知らない事が多く、日本人なら“あたりまえ“の事でもキチンと説明をしてあげないとトラブルに繋がることがあります。
エアコンの暖房機能、お湯の使い方など徹底した内容のハウスルールを多言語で作成し、誤った使用方法による破損を未然に防ぎます。
万が一、ゲストがハウスの備品を壊してしまったり、持ち帰ってしまった場合は、修理代や代理品の金額をゲストに対して請求します。

宴会等での利用による騒音トラブル

各ゲストに対して騒音や喫煙に関する注意勧告を行います。また、滞在中も常に意識を持っていただく為に張り紙をハウスの各所に設置します。
万が一、違反行為を行った方に関しては、即日チェックアウトや罰金等の罰則を設けることで違反行為を抑制します。

地域のルールに従わずゴミを廃棄

自治体のルートでゴミ処理を行う場合、どうしてもゲストがルールを守れなかった場合の近隣トラブルリスクが伴ってしまいます。
弊社では独自ルートでゴミ回収を行っており、各ハウスの指定の場所にゴミを置いていただくようにゲストに対して依頼をします。
滞在中に溜まったゴミはチェックアウト時に指定廃棄物運搬業者が回収いたします。
 

犯罪目的での利用や宿泊人数の過少申告

宿泊者に対して、運転免許証やパスポートなどの身分証明書提出を義務化しています。
これは犯罪目的での民泊利用の防止にも大変効果的です。
また、チェックイン時にタブレット操作によるビデオ通話を義務化することによって人数の過少申告による売上減少を防止します。